フィルムカメラのブログ

一冊の本を書くように

保護色

f:id:yamadakazufumi:20180413090417j:plain

「あ、これが噂の布団カバーと同じ柄のネルシャツ?」と訊かれ、うん、保護色が凄いから着てみたらいいさと手渡した。

さやがそれを着たので、「あれ?さやちゃん?あらやだ、あなたどこ行ったの?」と、言いながらキョロキョロするっていう一応そういうノリの遊びをしたけど、場は全然盛り上がらなかった。