フィルムカメラのブログ

一冊の本を書くように

遠くの狐、近くの烏

f:id:yamadakazufumi:20180330075954j:image

一般的にあまりイメージが良いとされていない動物が好きだ。

実家近くに住んでいた狐をやけに撮っていたり、昨日も近くのカラスを撮っていたり、動物園に行ってハイエナやイボイノシシを見ると「おいでおいで」と声を掛けてしまう。

そしてメジャーではないであろう、アメリカンバイソンが帯広の動物園にいて、その姿の圧倒的な力は色んな人に見てもらいたいなーと、なぜか動物園側に立って考えてしまう。