フィルムカメラのブログ

一冊の本を書くように

手紙を書こう

フィルムカメラのブログ

LINEや電話も良いけど、「時々はきちんと手紙を書こう」と思って机に向かい、さして内容もないことをつらつらと書いている。

LINEと手紙の違いは、「送った方はかなりの高い確率で、もうそれを読み返す機会が無い」というのが良いなと思う。

その頃のその想い、みたいなものをきちんとした形で保存できるというツールって、今のところ僕にとっては手紙が一番身近で、手軽で親密だよなと思う。